遺言と異なった遺産分割

遺産分割の方法を指定した遺言があっても、相続人全員の同意があれば、遺言と異なる遺産分割をすることができます。

 

但し、遺言執行者がいる場合は別です。

遺言執行者は、遺言内容を実現するのが職務ですので、遺言執行者は遺言に基づいて執行することができます。

遺言執行者がいる場合は、遺言執行者の同意も得た上で、遺言と異なる遺産分割をする必要があるといえます。

Advertisements